HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)のキャッチアップ接種について

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)のキャッチアップ接種について

子宮頚がん予防に有効なHPVワクチンは、小学校6年生相当から高校1年生相当の女子を対象に定期接種として行われています。

副反応の懸念のために一時は積極的な推奨はされておりませんでしたが、「積極的勧奨の差し控えによって、接種機会を逃した方々」に対して接種を行うこととなりました。

これを、キャッチアップ接種と言います。

平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた方で、過去にHPVワクチンの接種をしていない女性の方は、藤沢市からの公費予防接種(自己負担なし)として、接種を受ける事が出来ます。

期間は、令和4年4月1日~令和7年3月31日の間です。

当院では、ガーダシルワクチン(4価HPVワクチン)を用い、下記のようなスケジュールで行っております。

ガーダシル(4価HPVワクチン)
1回目
  ↓
2回目:1回目から約2か月後    (1回目から1か月以上あける)
  ↓
3回目:1回目から約6か月以上あける(2回目から3か月以上あける)

子宮頸がんはワクチンを打つと、かなりの割合で予防出来ます。

対象者の女性の方は、是非、この期間にお受けください。

ご希望の方は、必ずお電話(55-3450)にてご予約をお願いします。