プラセンタ注射・プラセンタ内服薬

プラセンタとは?

プラセンタとは、お母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割を持った「胎盤」のことです。
発展途上にある赤ちゃんの内臓に代わって、消化や排泄をしたり、ホルモン分泌や免疫系に関わるなど、様々な役割を持っています。
プラセンタには、細胞の増殖、再生をコントロールする物質である「細胞増殖因子」(グロースファクター)が豊富に含まれています。

プラセンタ「胎盤」に含まれる成分

三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質を含め、各種ビタミン、ミネラルなどが含まれています。
しかし、なんと言っても、その主役は「細胞増殖因子(グロースファクター)」であると言えるでしょう。

プラセンタエキス

プラセンタから有効成分を抽出したのもがプラセンタエキスです。
抽出の際、肝炎ウィルスやAIDSウィルスなどの感染の有無がチェックされ、数回の滅菌操作がなされた上で、製品化されています。
現在、国内に流通している製品については、安全と考えて良いでしょう。

プラセンタの効用

実際、更年期障害には保険診療が認められています。
その他、自律神経を調節する作用があり、更年期障害の患者さんには概ね効果があります。
また、肩こり、食欲不振、睡眠障害など、生命予後的には問題がなくとも、日々の生活に支障をきたすような症状に効果があります。
美容についても効果が言われており、美肌などを目的として用いられています。

プラセンタ注射

プラセンタから抽出したエキスは、古来より肝機能障害や滋養強壮などを目的とした医薬品として使用されてきました。
最近では、美容や健康維持のために施行している方も多くみられます。
肩がこらなくなった、よく眠れるようになった、肌がきれいになった、など、様々な効用があります。

若返りの注射

肌がきれいになり、加齢に伴った諸症状が取れるので、美容クリニックなどでは「若返りの注射」として用いられています。
「細胞増殖因子(グロースファクター)」が諸症状の改善に作用していると考えられています。

施術費用

自費診療となり1回:1,900円(税別)です。(更年期障害の方は保険診療が可能です)
主に腕部の筋肉注射となります。
施術頻度はご自由です。(週1回の方もいれば、月に1回の方もいらっしゃいます)

プラセンタ内服薬

注射で来院されるのが難しい方には、内服のプラセンタ薬をおすすめします。
1日3カプセル(2~6カプセル)ずつ、内服して下さい。
(JBPポーサイン100:1ヶ月分 100カプセル 14,000円(税別)です。)